Transmittance
2019
Lambda print on transparency film, Framed
Frame size 440×440/mm each
Photos : 柳場 大/Masaru Yanagiba ( above ) 
    阪中隆文/Takafumi Sakanaka ( lower )

" 引込線/放射線   Absorption/Radiation "
2019
所沢/Tokorozawa, Japan
 
 

経年劣化による時の痕跡が現れた時計の文字盤の写真。時のレコードのようなこの写真を透過原稿フィルムにプリントし、展示空間の窓辺に設置した。
経年劣化による時の現れは、展示空間の至る所にも顕在し、窓から差し込む光に照らされている。
 
この写真は、作品を透過する光の状態(時間帯、天候など)、作品の外側にある外的要因によって様相が変化する。
イメージは自然光で満たされ、その変化、推移に呼応している。
 
記憶、現在、瞬間、継続、様々な時間の相と、古い文字盤のイメージを重ね合わせる。
明日の光、一時間後の光、五分後の光、一秒後の光、先の時間から訪れる光が透過するのを作品は待っている。
それはまさに、いま、ここ、という場を顕在化する試み。